京王堀之内新型コロナウィルス対策

新型コロナ緊急事態宣言で京王堀之内はどうなった?

京王堀之内八犬伝

新型コロナウィルスの感染拡大が世界中に猛威を振るう中で、飲食店や外出自粛などの緊急事態宣言が発令され、京王堀之内のある東京都は他の地域よりも長く緊急事態宣言が解除になりませんでした。そんな新型コロナウィルスの影響で京王堀之内はどうなってしまったのでしょうか?東京都の繁華街のような街ではありませんが、京王堀之内にもお店が数多く軒を連ねています。そんな中でやはり新型コロナウィルスの打撃を受けたのは飲食店です。2度目の緊急事態宣言では酒類を提供する居酒屋などの飲食店に対して午後8時までの営業時間短縮が要請されました。果たして、京王堀之内の飲食店はどうなったのでしょうか?

京王堀之内駅前の飲食店は営業時間を短縮

京王堀之内駅前にある飲食店は、政府が発令した新型コロナウィルス感染拡大防止策の緊急事態宣言により、時短営業に応じている飲食店が目立っていました。営業時間を午後8時までにし8時以降は京王堀之内の居酒屋などはお店を閉めていました。京王堀之内の夜の時間はそこまで人が多く行きかう駅ではないのですが、緊急事態宣言中の京王堀之内駅前は本当に人が少なく、静かな雰囲気でした。お店によっては時短営業をしていない店舗もあるかもしれませんが、京王堀之内駅前の飲食店はしっかり政府が要請した時短営業を守っている飲食店ばかりです。

京王堀之内の居酒屋八犬伝

夜8時以降の京王堀之内駅前は真っ暗に…。

京王堀之内の八犬伝
八犬伝の京王堀之内の
京王堀之内の居酒屋の八犬伝

上記の画像は2021年3月の緊急事態宣言中の夜の8時台の京王堀之内の居酒屋の外観の画像です。見てもわかるようにどの京王堀之内の居酒屋も灯りが消えています。もうこの時間で閉店しているのです。

京王堀之内のだんだんどうもやこふく、天一坊がある辺りは夜にやっている店舗や事務所が少ないため、これらのお店が閉まっていたら真っ暗です。新型コロナウィルスの緊急事態宣言で京王堀之内の夜は灯りが消えてしまいました。

京王堀之内の飲食店を応援しよう!

京王堀之内の新型コロナウィルス

そんな新型コロナウィルス感染拡大の影響で京王堀之内の飲食店も大きな打撃を受けています。給付金や補助金があってもやはり飲食店の経営は厳しいものでしょう。

新型コロナウィルスで大変な思いをしているのは飲食店だけじゃないのはわかります。しかし、我らが京王堀之内から飲食店が無くなるのは寂しいものです。

大手飲食店はまだしも、中小の飲食店は壊滅的な状況でしょう。

まだまだ完全な終息が見えない新型コロナウィルスですが、もしコロナが収まったら、自分自身の判断で飲食店で飲み食いをしていいかなって思ったら、もう一度、京王堀之内の飲食店に行きませんか?

給付金があっても、経営が立ち行かない、コロナが収まってもまた以前のようにお客さんが来てくれるか心配になっている飲食店が多いはずです。

京王堀之内の八犬伝

1日でも早く新型コロナウィルスが終息し、京王堀之内の飲食店に活気が戻り、京王堀之内で美味しい食事を楽しみたいものです。

1人でも多く、1杯のビールでも、1人のランチでも、京王堀之内の飲食店が救われる可能性が高まる事は言うまでもありません。